お知らせ

ACPF創設40周年記念 懸賞論文募集!(Q&A追加)

English Click here

ACPF創設40周年記念 懸賞論文

 

公益財団法人アジア刑政財団は、創設40周年を記念して、皆様から懸賞論文を募集いたします。

応募要領は下記をご覧ください。

法律関係者や学術論文に限らず、学生、企業人、社会人を問わずどなたでも、ぜひ奮ってご応募ください。

 

「懸賞論文応募要領」

 

「懸賞論文応募要領 Q&A」

 

論文テーマ

次の2つから一つをお選びください(言語は日本語又は英語)

Ⅰ 犯罪防止分野の国際協力で市民(若者や企業を含む)が果たす役割

Ⅱ 再犯防止において官民協働(若者や企業を含む)の促進を図る方策

 

【 賞・賞金 】

優れた論文に、日本語、英語ごとに、次の各賞を授与いたします。

(1)優秀賞(1名)     賞状及び賞金30万円

(2)佳 作(2名以内)  1名につき 賞状及び賞金15万円

(3)特別奨励賞(3名以内)上記以外に、特に注目すべき視点や将来性が認められるもの

1名につき 賞状及び賞金10万円

 

【懸賞論文募集の趣旨】

当財団(Asia Crime Prevention Foundation, ACPF)は、1982年の設立以来、「犯罪なき繁栄」のスローガンの下、

国連アジア極東犯罪防止研修所(略称「アジ研」、UNAFEI活動への支援等を通じ、

国連犯罪防止刑事司法分野における貢献(主に途上国支援)を続けてきました。

2000年には、国連NGOとして、最高位の総合諮問資格を得ています。

 

また、2021年3月開催の第14回国連犯罪防止刑事司法会議(京都コングレス)にも参加しました。

(京都コングレスでのACPFの活動についてはこちら)

2022年は創設40周年を迎えることから、ACPFの存在意義を皆様と共に再認識し、今後の活動を更に活性化するため、

犯罪防止刑事司法活動に関心をお持ちの方々から論文を募集し、優れた論文に対して賞状及び賞金を贈呈いたします。

奮ってご応募ください。

ACPFの活動についてはこちら

Facebookはこちら

 

【応募資格】

制限はありません。

高校、大学、大学院、公私の機関等への所属の有無を問いません。

学術論文はもとより、それ以外も含めて幅広く募集し、犯罪防止・刑事司法分野の国際協力活動に

「新たな風」を巻き起こそうというチャレンジ精神で応募願えれば幸いです。

 

【論文の提出期限 及び 論文の審査】

  提出期限 令和4年(2022年)630日(木)必着

  最終審査 令和4年(2022年)8月下旬ころ

 

【受賞者の発表等】

(1) 受賞者の発表は、当財団(ACPF) Website上にて行います。

(2) 受賞者の論文は、ACPF websiteに全文掲載するほか、関係団体の機関誌等に掲載をお願いする予定です。

 

詳しくは「懸賞論文応募要領」「懸賞論文応募要領Q&A」をご覧ください。